0032633

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
留意事項ご覧の上書込みお願いします

1: window10 セキュリティ デバイスセキュリティー (0) / 2: Windows10 リンクステーション等の共有ファイルが開かない (0) / 3: アウトルックの連絡先を別のパソコンへ送る方法 (0) / 4: Windows10 ログインパスワードの省略 (0) / 5: Acrobat DC の自動アップデート設定 (0) / 6: Windows10でOffice2010の不具合解消 (0) / 7: 「 Missing operating system 」の対処法 (0) / 8: WINDOWS10で既定のアプリのリセット方法 (0) / 9: Windows10でAdobe Photoshop CS2が動作を停止しましたの回避 (0) / 10: 「更新プログラムの確認」時間がかかる (0) / 11: 起動と終了の簡略化 (0) / 12: 海外、外出先でメールが送信できない場合 (0) / 13: Excelが遅い、重い、応答なしになる! (0) / 14: 共有ファイルを開くと読み取り専用になる (0) / 15: NTLDR is missing (0) / 16: それでも消えないWindows10 UPDATE (0) / 17: OFFICE2010 (0) / 18: アウトルック2010がセーフモードになる (0) / 19: 削除できないパーテーション (0) / 20: CANON サービスマンコール解除 (0) / 21: マウスが消えたりUSBメモリーが認識しないなどの場合 (0) / 22: MicrosoftOfficeExcelにて各シート共通の印刷っ設定の初期化方法 (0) / 23: GWXの削除 (0) / 24: 「<ADOBE アプリケーション名> は動作を停止しました (0) / 25: Outlook でブロックされた添付ファイルを開くには (0) /

◆ window10 セキュリティ デバイスセキュリティー 投稿者:Support
コア分離  とは

ここではドライブ等の保護管理を設定します。

メモリ整合性 
ここをONにするとanyはデバイスがなく起動不能になります。OFFであることの確認が必須です。

ようするに、オンにすると、デバイスが見えなくなります

2020/10/05(Mon) 16:27:56 [ No.72 ]

◆ Windows10 リンクステーション等の共有ファイルが開かない 投稿者:SUPPORT
Windows10上でリンクステーション等の共有ファイルが開かない

WindowsのSMB機能をオンにすると、アクセス可能になる。

検索フォームに「 appwiz.cpl 」と入力

候補に表示される「appwiz.cpl – コントロールパネル項目」を選択します。

左メニューから「Windows機能の有効化または無効化」を選択

□「SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート」

□「SMB1.0/CIFSクライアント」

双方のチェックボックスをオンにして「OK」を選択〜再起動

これで共有フォルダーが見えるようになります。
読み込み書き込み等の制御はフォルダー側からの設定が必要になります。

2020/10/05(Mon) 15:34:33 [ No.71 ]

◆ アウトルックの連絡先を別のパソコンへ送る方法 投稿者:SUPPORT
連絡先データ(Outlookアドレス帳)を他のコンピュータで使いたい場合の移行方法

■連絡先アイテムをメールに添付する方法

移行元コンピュータ〜

移行したい連絡先アイテムを選択
連続したデータはShiftキーでまとめて選択、
離れた場所のデータはCtrlキーを押しながら個々の選択

選択されたアイテムを右クリックして「転送」をクリック
(または「ホーム」タブ−「連絡先の転送▼」「Outlookの連絡先として転送」)

宛先を入力し「送信」をクリック

 

移行先コンピュータでの受け取り取入れ操作

連絡先アイテムが添付されたメッセージを受信

添付ファイルをすべて選択する
Shiftキーを押し全選択

アイテムが選択された状態で現在の連絡先フォルダにドラッグする

2020/10/05(Mon) 15:28:09 [ No.70 ]

◆ Windows10 ログインパスワードの省略 投稿者:SUPPORT
netplwiz

コマンドを呼び出し、設定を変更

表示された画面の「このコンピューターのユーザー」で、自動サインインしたいユーザーをクリック。その後、上にある「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外して「OK」をクリックする

2020/10/05(Mon) 15:21:29 [ No.69 ]

◆ Acrobat DC の自動アップデート設定 投稿者:Support
regedit


Acrobat Pro DC の場合 :

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Adobe\Adobe ARM\Legacy\Acrobat\{AC76BA86-1033-FFFF-7760-0C0F074E4100}

Acrobat Reader の場合 :
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Adobe\Adobe ARM\Legacy\Reader\{AC76BA86-7AD7-1041-7B44-AC0F074E4100}

画面右側の値「Mode」をダブルクリックします。
値のデータを以下のいずれかに変更し、「OK」をクリックします。

0 または 1 : アップデートのダウンロードまたはインストールを自動で行いません。

(※自動アップデートの可否設定について、このキーを使用しないでください。
以下で紹介する bUpdater キーで制御してください。)

2 : アップデートを自動的にダウンロードしますが、インストールはユーザーが選択して行います。

3 : (初期値)アップデートのダウンロードおよびインストールを自動的に行います。

4 : アップデートのダウンロードが可能な場合に通知しますが、ダウンロードは行いません。

2020/05/28(Thu) 12:39:46 [ No.68 ]

◆ Windows10でOffice2010の不具合解消 投稿者:Support
Windows10でのアップデートに起因がある。

自動アップデートにより入ってしまったアップデートを削除し再度入らないようにする。

以下のアップデートプログラムを削除

KB4461627

KB4032217

KB4032225

KB4461616

KB4461614


Microsoft Office 2010 Service Pack 2


hhttps://support.microsoft.com/ja-jp/help/4462157/january-18-2019- ..... -kb4462157

2019/08/22(Thu) 09:43:59 [ No.67 ]

◆ 「 Missing operating system 」の対処法 投稿者:Support
アクロニスなどでクローンを行った際、起動時Missing operating systemのメッセージが出てwindowsが起動できない場合の対処法。

アバスト等のウイルス防御システムが起動MBRに書き込まれているとこのような現象がおこります。

対処方法として、MBRの初期化が必要になります。

Windows7インストールディスクまたはシステム修復ディスクを光学ディスクドライブに入れて再起動

システム修復ディスクの準備、CD-Ror DVD

(スタート→コントロールパネル→バックアップと復元から作成してください)

コンピュータを修復する(R) → コマンドプロンプト

bootrec /fixboot → Enter

bootrec /fixmbr → Enter

exit → Enter

PCを再起動

それでも、OSが立ち上がらない場合

再度、Windows7ディスクから立ち上げ

コンピュータを修復する(R) → スタートアップ修復

それでもそれでも、OSが立ち上がらない場合

再々度、Windows7ディスクから立ち上げ

コンピュータを修復する(R) → スタートアップ修復

ほとんどの場合、MBRのFIXで起動修復が可能です。

2019/04/03(Wed) 09:03:38 [ No.66 ]

◆ WINDOWS10で既定のアプリのリセット方法 投稿者:SUPPORT
WINDOWS10で既定のアプリのリセット方法


スタートメニューの「設定」から「システム」を開きます。

すると「既定のアプリ」という項目があります

右側を下の方にスクロールすると

Microsoftが推奨する規定値にリセットする

リセット

これで 初期化され 通常の関連付けが可能になります

2016/12/08(Thu) 11:58:42 [ No.65 ]

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -